FC2ブログ

一級建築士事務所 赤沼政志建築設計室 「業務報告!」

住宅、診療所を多く手掛ける仙台の一級建築士事務所です。 建築設計業務を通しての喜怒哀楽を綴ります。

性能重視・・・

生活環境を自分の快適な状態にコントロールしやすい=高性能住宅・・・
しかし高性能住宅がいい住宅とは限らない。

住宅メーカー、工務店は性能の数値化、保証を仕様基準、工法としてアピールするが当然、ある程度の設計基準が前提の商品としての差別化でもある。

以前、高気密・高断熱の普及セミナーでゲストの建築家が「高気密・高断熱についてどう考えるか」という質問に「私は四季をありのままに感じられる住まいが理想であり、高気密・高断熱は息苦しい感じがします・・・」とKYな回答に会場内ドン引きしたことがあった。
しかし、今思えば会場の空気は読めなかったとしても、風や光や音など四季の風景としての空気を読みたいということだったのだろうと理解している。

無論、高性能を否定する訳ではない。
むしろ、それにこしたことはなく、東北の気候風土に向き合って建築設計する者として理想としての知識、理論をもつべきであると考えている。
ところが、最初に「あなたの設計はQ値、C値どれくらいの想定ですか」とか「断熱材と工法は何を標準的に採用してますか」という質問をうけることがあるが、ひねくれ者の返答はあえて
「No Plan・・・なぜなら依頼者の快適尺度、住宅への価値観と優先順位があってこそ、その具体的な提案がなされるべきだから・・・」

現在進行中のプロジェクトで数奇屋の住宅を計画しているが、先日の打合せで「蒔ストーブ」
「外貼断熱」の採用検討の話も出たのだが、「離れのゲストルーム」への採用として落ち着いた。
「出来ない」のではなく「しないほうがよい」と判断したのである。
着物姿に寒いといって皮靴にジャンパーをはおる訳にはいかない・・・せめて下着を着込むほうが潔いと思うのだが・・・
なんてことを妻に話すと、「あんたのいうことはわかるけど、なんか理屈っぽくてめんどくさい!」だそうです・・・。汗;
  1. 2008/02/27(水) 12:40:19|
  2. 住宅建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<有備館・・・ | ホーム | 設計業務の価値・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akanuma.blog83.fc2.com/tb.php/71-e8648855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

translate this blog into

プロフィール

代表 赤沼政志

Author:代表 赤沼政志
一級建築士事務所
赤沼政志建築設計室

仙台市泉区南光台4丁目  
5-2  サンパルコ201号
TEL022-796-0801
FAX022-796-0802


(略歴)
1967:岩手県花巻市出身
1985:専修大学北上
高等学校建築科卒業
(ラグビー部所属)
1989:東北工業大学
工学部 建築学科卒業
(ラグビー部所属)
1998:事務所開設


(趣味)
 小型船舶操縦
 模型作り
 カクテル作り


(音楽)
 VIKTOR LAZLO
 ANITA BAKER
 CARL ANDERSON
 DAN FOGELBERG
 MICHAEL SCHENKER

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

お問い合わせ・無料設計相談  はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスカウンター


無料カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

このブログの評価

名前:
このブログの評価:

最高!
良い
ふつう
良くない
最悪…
コメント:

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード