FC2ブログ

一級建築士事務所 赤沼政志建築設計室 「業務報告!」

住宅、診療所を多く手掛ける仙台の一級建築士事務所です。 建築設計業務を通しての喜怒哀楽を綴ります。

内装制限・・・

着工後の変更・・・

熱源をIHヒーターからガスコンロへ変更することになったのだが、
火気使用室として内装の制限がかかることに悩んでしまった。

キッチンは対面オープンでリビング・ダイニングは勾配天井の板貼り・・・

IHであれば火気使用の定義をクリアするが、コンロであれば下地共凖不燃材料以上の性能で
仕上げなければ・・・さぁ、どうしよう焦る3
・・・と思ったら、勉強不足は罪・・・

法改正における緩和が告示225号として施行されていたとは・・・
恥ずかしながら、指定確認検査機関へ協議相談したところ、教えていただきました太陽

これまで木造住宅の内装仕上げの幅を狭めていた、「内装制限」が緩和された。
国土交通省が4月1日付で施行した告示225号によるもの。
1カ月の猶予期間を経て、5月から緩和規定を使えるようになる。
 これまで火を使う「火気使用設備」がある部屋は、すべて「火気使用室」とみなされ、天井や壁には準不燃材料以上の性能を持つ材料を使う必要があった。
 今回の緩和は、戸建て住宅に限って、この定めを緩和したものだ。
「火気使用設備」周辺とそれ以外の部分の着火リスクを再考した結果、「火気使用室」のすべての天井・壁を制限する必要はないとして改めた。
この告示225号が新たに技術基準を定めたのは、調理用コンロ、ストーブ、暖炉、囲炉裏の4つ。
これらの設備のある「火気使用室」は、「火気使用設備」の周辺で、今回規定された範囲を特定不燃材料などで仕上げれば、それ以外は基本的に難燃材または木材などで仕上げられるようになった。特に影響が大きいのは、キッチンの内装デザインだろう。
(2009.04.29 ケンプラッツ抜粋)

提案の選択肢が広がることは喜ばしいことだ・・・!!

矢印 第21回フォトコンテスト 旭化成建材株式会社主催

  1. 2009/06/23(火) 01:26:32|
  2. 出来事を通じて考えた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グランプリ受賞・・・ | ホーム | 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」施行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akanuma.blog83.fc2.com/tb.php/242-35ddb7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

translate this blog into

プロフィール

代表 赤沼政志

Author:代表 赤沼政志
一級建築士事務所
赤沼政志建築設計室

仙台市泉区南光台4丁目  
5-2  サンパルコ201号
TEL022-796-0801
FAX022-796-0802


(略歴)
1967:岩手県花巻市出身
1985:専修大学北上
高等学校建築科卒業
(ラグビー部所属)
1989:東北工業大学
工学部 建築学科卒業
(ラグビー部所属)
1998:事務所開設


(趣味)
 小型船舶操縦
 模型作り
 カクテル作り


(音楽)
 VIKTOR LAZLO
 ANITA BAKER
 CARL ANDERSON
 DAN FOGELBERG
 MICHAEL SCHENKER

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

お問い合わせ・無料設計相談  はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスカウンター


無料カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

このブログの評価

名前:
このブログの評価:

最高!
良い
ふつう
良くない
最悪…
コメント:

GoogleMaps(グーグルマップ)地図表示

ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード